トップページへ

素数はめぐる 循環小数で語る数論の世界 (ブルーバックス) [ 西来路 文朗 ]

   

 


 

 


ブルーバックス 西来路 文朗 清水 健一 講談社ソスウハメグルジュンカンショウスウデカタルスウロンノセカイ サイライジ フミオ シミズ ケンイチ 発行年月:2017年02月15日 予約締切日:2017年02月14日 ページ数:240p サイズ:新書 ISBN:9784065020036 西来路文朗(サイライジフミオ) 1969年、広島県生まれ。

大阪大学大学院理学研究科博士課程数学専攻単位取得退学。

博士(理学)。

専門は整数論。

賢明女子学院中学校・高等学校の教諭を経て、広島国際大学工学部住環境デザイン学科教授、広島大学非常勤講師 清水健一(シミズケンイチ) 1948年、兵庫県生まれ。

岡山大学理学部数学科卒業。

博士(理学)。

専門は整数論。

賢明女子学院中学校・高等学校の教諭を経て、岡山大学、岡山理科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 ダイヤル数「142857」のふしぎ(1/7のふしぎー循環小数の世界/1/17のふしぎー素数の逆数の個性/1/11のふしぎー10nー1の素因数の法則/2等分和と3等分和のなぞとき)/第2部 スウィングする2つの循環節(1/13のふしぎー2種類の循環節/循環節を回す6のふしぎ/1/19のふしぎー循環節に現れる数字/1/18のふしぎー分母が合成数になると…)/第3部 数論の大法則と循環小数(1/13のもうひとつのふしぎーオイラーの規準/平方剰余と循環小数/4乗剰余と循環小数) こんなに面白い現象があったのか!142857と、先頭の1を末尾に回した428571。

2等分して足すと、どちらも答えは999!(142+857、428+571)428571の先頭の4を末尾に回した285714でも同じ現象が!(285+714=999)142857を3等分して足すと、こんどは99!(14+28+57)ぐるぐる回る“ダイヤル数”のふしぎを生み出すのが素数!?簡単な四則演算で数の神秘を味わいながら、「1÷素数」が描き出す定理と法則を探訪する。

初等整数論への新しいアプローチ! 本 科学・技術 数学 新書 科学・医学・技術

  • 商品価格:993円
  • レビュー件数:1件
  • レビュー平均:4.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP